エドヴァルト・ムンク : 〈自作を語る画文集〉生のフリーズ

エドヴァルト・ムンク 画と文 ; 鈴木正明 訳

19世紀末〜20世紀半ば、実体験に根ざした孤独な魂の叫びを描き続けて特異な芸術世界を創造し、表現主義の先駆けともなったエドヴァルト・ムンク。画家が遺した手記や手紙から、自作についてのコメントや芸術観などを綴った文章を選りすぐり、作品とともに集成したオリジナル画文集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1863‐92 黒い天使
  • 1892‐98 生のフリーズ
  • 1899‐44 終の住処

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エドヴァルト・ムンク : 〈自作を語る画文集〉生のフリーズ
著作者等 Munch, Edvard
鈴木 正明
ムンク エドヴァルト
書名ヨミ エドヴァルト ムンク : ジサク オ カタル ガブンシュウ セイ ノ フリーズ
書名別名 E.Munch
出版元 八坂書房
刊行年月 2009.10
ページ数 133p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-89694-945-2
NCID BB00092087
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21702136
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想