「人口減少経済」の新しい公式 : 「縮む世界」の発想とシステム

松谷明彦 著

日本の人口は今後半世紀で4000万人減少する!-人口増加を最大の拠り所としてきた日本が向かう先は?人口を軸に日本の未来を予測し、経済・社会の巨大な環境変化を豊富なデータで描き切る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 変化は一挙に-迫る極大値後の世界
  • 第2章 拡大から縮小へ-経営環境の激変
  • 第3章 地方が豊かに-地域格差の縮小
  • 第4章 小さな政府-公共サービスの見直し
  • 第5章 豊かな社会-全体より個人
  • 第6章 「人口減少経済」への羅針盤

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「人口減少経済」の新しい公式 : 「縮む世界」の発想とシステム
著作者等 松谷 明彦
書名ヨミ ジンコウ ゲンショウ ケイザイ ノ アタラシイ コウシキ : チジム セカイ ノ ハッソウ ト システム
シリーズ名 日経ビジネス人文庫 517
出版元 日本経済新聞出版社
刊行年月 2009.11
ページ数 304p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-532-19517-5
NCID BB00090059
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21676747
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想