スペイン市民戦争・三十二カ月の叙事詩 : 報道にみる二つの側面

伊東章 著

軍事クーデターから始まって、第二次世界大戦の前哨戦と言われる複雑な要素がからむその実態を、豊富な史料の中から浮かびあがらせる渾身の大著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 最後の軍事的手段を生む-予告された蜂起
  • 二つの戦線の確定はもう既成事実-不干渉協定
  • マドリッドは解放されます-首都包囲
  • 雌狼の子たちは当惑してしまい-グァダラハラの戦い
  • 赤軍の意図的な放火で焼け落ちた-グェルニカ爆撃
  • 勝利へ甘んじて眠ってなどおらず-ブルネテの戦い
  • 畜生へはすでに終焉の時が近づき-北部戦線の消滅
  • 人民軍の勇壮の前に粉砕され-テルエルの戦い
  • レヴァンテの陽光へ顔を-ヴァレンシアの戦い
  • 国際旅団の真の墓場-エブロ川の戦い
  • 総統の天啓による指揮の下-カタルーニャ攻勢
  • 引渡しを"総統"と合意した-もう一つの内戦

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スペイン市民戦争・三十二カ月の叙事詩 : 報道にみる二つの側面
著作者等 伊東 章
書名ヨミ スペイン シミン センソウ 32カゲツ ノ ジョジシ : ホウドウ ニ ミル 2ツ ノ ソクメン
書名別名 Supein shimin senso 32kagetsu no jojishi
出版元 鳥影社
刊行年月 2009.10
ページ数 668p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86265-207-2
NCID BB00088013
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21764691
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想