冤罪はいつまで続くのか

矢澤[ショウ]治 編著

冤罪が作り出される構造を多角的視点から徹底検証。繰り返される悲劇を、どう断ち切るか。「足利事件」で白日のものとなった冤罪の構造を、裁判員制度を機に改めて考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 冤罪を生みだす温床-事件捜査・刑事司法の構造的欠陥(代用監獄の廃止に向けて
  • 静岡県警の赤堀政夫に対する激しい拷問-「島田事件」
  • 別件逮捕と自白の強要
  • 冤罪とメディアリンチ)
  • 第2章 個別事件に見る冤罪発生のメカニズム(「袴田事件」
  • 「藤本事件」-ハンセン病患者の故に、死刑台送り
  • 「名張・毒ブドウ酒事件」-再審請求に提出した科学的見解による新証拠
  • 「JR浦和電車区事件」-国家権力による冤罪
  • 「狭山事件」-疑わしい証拠の数々
  • 「福岡事件」-受け継がれた志)
  • 第3章 冤罪に翻弄される人生の叫び(冤罪事件・元被告人の生きた日々
  • 緊急アピール-「袴田事件」に再審の扉を
  • 死刑判決を書く元裁判官の想い)
  • 第4章 冤罪に向き合う市民参加のかたち(「足利事件」-市民の澄んだ目が導いた再審開始)
  • 第5章 裁判員制度で冤罪は防げるか(裁判員制度と冤罪-裁判員制度で、公正な裁判は果たして可能か)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 冤罪はいつまで続くのか
著作者等 矢沢 曻治
矢澤 昇治
書名ヨミ エンザイ ワ イツマデ ツズクノカ
出版元 花伝社 : 共栄書房
刊行年月 2009.10
ページ数 199p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7634-0557-9
NCID BB00057064
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21670910
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想