イチローと村上春樹は、いつビートルズを聴いたのか : サブカルチャーから見た戦後日本

西村幸祐, 杉原志啓 著

文学、音楽、映画、雑誌、テレビ、スポーツ、アニメ、漫画…日本の「文化力」を再考する。アカデミズム、ジャーナリズムを超えた知的刺激に満ちたダイアローグ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 文化には、ハイもメインもサブもないというお話から始めよう
  • 第1章 戦後史の中の村上春樹
  • 第2章 『ビートルズの優しい夜』が予言したもの
  • 第3章 スクリーンから時代を透視する
  • 第4章 雑誌メディアの繁栄と衰退
  • 第5章 「テレビ」という名の病
  • 第6章 日本人はスポーツに何を見たか
  • 第7章 アニメと漫画は「日本的」なものなのか
  • エピローグ 江藤淳もアラン・ブルームもいない時代に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イチローと村上春樹は、いつビートルズを聴いたのか : サブカルチャーから見た戦後日本
著作者等 杉原 志啓
西村 幸祐
書名ヨミ イチロー ト ムラカミ ハルキ ワ イツ ビートルズ オ キイタノカ : サブカルチャー カラ ミタ センゴ ニホン
書名別名 Ichiro to murakami haruki wa itsu bitoruzu o kiitanoka
出版元 PHP研究所
刊行年月 2009.11
ページ数 221p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-569-77281-3
NCID BB00043332
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21672861
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想