言語生態学と言語教育 : 人間の存在を支えるものとしての言語

岡崎敏雄 著

世界は未曽有の経済危機・食糧危機に見舞われている。日本語学習者も、就職難をはじめ、生きる上での困難に直面している。この世界で持続可能な生き方を追求・実践するために、言語教育は何ができるのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに(生態学の基本的見方
  • 背景と問い
  • 言語生態学を知るための12節-人間生態学としての言語生態学 ほか)
  • 第1章 言語生態学とは何か(言語生態学(Language Ecology)の定義
  • 言語生態学の領域-心理的生態領域・社会的生態領域と両者間の相互交渉的関係
  • 言語生態学の目的 ほか)
  • 第2章 想像力の縮退の下にある言語生態(グローバル化の下で変動する世界における言語生態学の課題-想像力の問題
  • 「想像力の縮退」の原因を探る:言語生態学のとらえ方の基礎)
  • 第3章 言語生態学と言語教育(グローバル化の下で創出される言語教育の新たな地平
  • 「持続可能な生き方」を追求する言語教育)
  • 第4章 生態学リテラシーの育成をめぐる課題と方法(ライフコースに沿った生態学的リテラシー(Ecological Literacy)
  • 日本語教育における課題と克服の形)
  • 第5章 生態学リテラシーの育成(生態学的リテラシー育成の方法の例
  • ステップ1 自己を起点として見てみる
  • ステップ2 人、世界への糸口を手繰る ほか)
  • おわりに-自然史を追うものとしての問い

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 言語生態学と言語教育 : 人間の存在を支えるものとしての言語
著作者等 岡崎 敏雄
書名ヨミ ゲンゴ セイタイガク ト ゲンゴ キョウイク : ニンゲン ノ ソンザイ オ ササエル モノ ト シテノ ゲンゴ
出版元 凡人社
刊行年月 2009.10
ページ数 263p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-89358-728-2
NCID BB0002621X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21727421
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想