消費者庁 : 消費者目線で新時代の経営を創る

齋藤憲道 編著

消費者庁新設で何が変わるか。立案担当者による消費者庁関連3法の解説に加え、企業実務に与える影響、社内体制見直しのポイントについて、実務家の視点から課題を整理する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 消費者問題に対する新たな展開(新しい消費者政策
  • 消費者庁の役割
  • 事業者への影響)
  • 2 消費者庁関連3法の概要(総論
  • 消費者庁及び消費者委員会設置法
  • 消費者庁及び消費者委員会設置法の施行に伴う関係法律の整備に関する法律
  • 消費者安全法)
  • 3 消費者庁設置後の法執行・運用イメージ(消費者庁関係整備法
  • 消費者安全法
  • 勧告・命令・立入等への対応)
  • 4 消費者庁設置後の実務対応-変わること、徹底すべきこと(事業者をめぐる潮流
  • これまでの事業活動に対する検証
  • 社内体制見直しのポイント
  • 事業部門性・業務フロー別にみる点検ポイント
  • その他の留意事項
  • 事故発生のシミュレーション
  • 今後の課題)
  • 資料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 消費者庁 : 消費者目線で新時代の経営を創る
著作者等 齋藤 憲道
書名ヨミ ショウヒシャチョウ : ショウヒシャ メセン デ シンジダイ ノ ケイエイ オ ツクル
出版元 商事法務
刊行年月 2009.10
ページ数 208p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7857-1706-3
NCID BB00026195
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21767223
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想