遠山景元 : 老中にたてついた名奉行

藤田覚 著

「桜吹雪の彫物をして悪を懲らしめる名奉行」としてよく知られる遠山景元(金四郎)の本当の姿はいかなるものであったのか。この問いに対して、景元がなぜ旗本の就任する最高ポストである江戸町奉行になれたのか、庶民の暮しを直撃し、娯楽を厳しく取り締まった老中水野忠邦の天保改革とよばれる政治改革のなかで、どのような行動をとったのか、また、景元が町奉行とはどのようにあるべきだと考えていたのかを中心に考えてみた。江戸時代後期、十九世紀前半の政治・社会のなかに生きた遠山景元の実像を、史実にそくして明らかにしようとした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 遠山景元の重要さ
  • 1 景晋・景元父子と旗本・役人の世界(遠山家と遠山景晋
  • 景晋の活躍の軌跡 ほか)
  • 2 天保の改革と遠山景元(天保の改革と江戸市中
  • 改革の開始と江戸の町 ほか)
  • 3 改革諸政策をめぐる対立(寄席の撤廃をめぐって
  • 芝居移転をめぐって ほか)
  • 4 名奉行遠山景元とは(食物商人減少をめぐって
  • 門前町屋の移転をめぐって ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 遠山景元 : 老中にたてついた名奉行
著作者等 藤田 覚
書名ヨミ トオヤマ カゲモト : ロウジュウ ニ タテツイタ メイブギョウ
シリーズ名 日本史リブレット 人 053
出版元 山川出版社
刊行年月 2009.10
ページ数 87p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-634-54853-4
NCID BA91905613
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21674832
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想