ソフトウェアアーキテクトが知るべき97のこと

Richard Monson-Haefel 編 ; 長尾高弘 訳 ; 鈴木雄介 監修

ビジネスとプログラム両方の知識と経験が求められるソフトウェアアーキテクト。本書は世界中で活躍するソフトウェアアーキテクトによる97本のエッセイを収録した書籍です。プロジェクトにおいてもっとも重要な事柄とは何か、顧客やチーム、またコーディングやスケジュールなどについて、経験豊かなアーキテクトが自らの体験を踏まえて解説します。ソフトウェアアーキテクトを勇気づけ、新たな気づきをもたらす一冊です。日本語版では、伊藤直也、江島健太郎、小野和俊、榊原彰、鈴木雄介、萩本順三、萩原正義、牧野友紀による11本の書き下ろしを収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • システムの要件よりも履歴書の見栄えを優先させてはならない
  • 本質的な複雑さは単純に、付随的な複雑さは取り除け
  • 最大の問題は、たぶん技術的なことではない
  • まずコミュニケーション、そのための明快さととリーダーシップ
  • パフォーマンスの決め手はアーキテクチャー
  • 要求仕様の本当の意味を探れ
  • 立ち上がろう!
  • すべてのものは、かならずエラーを起こす
  • それは交渉だということに気付け
  • 定量化を求めよ〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ソフトウェアアーキテクトが知るべき97のこと
著作者等 Monson-Haefel, Richard
鈴木 雄介
長尾 高弘
Monson‐Haefel Richard
モンソンヘーフェル リチャード
書名ヨミ ソフトウェア アーキテクト ガ シルベキ 97 ノ コト
書名別名 97 things every software architect should know
出版元 オライリー・ジャパン : オーム社
刊行年月 2009.10
ページ数 225p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-87311-429-3
NCID BA91900890
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21662604
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想