安全なお産、安心なお産 : 「つながり」で築く、壊れない医療

河合蘭 著

ハイリスク妊娠、早産、帝王切開が増加。NICU(新生児集中治療管理室)はパンク寸前。かつてはあたりまえの出来事だったお産が、なぜこれほど困難になったのか-。現場の声に耳を傾け、産む女性の視点から、希望ある未来への手がかりを探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 出産が重たくなった時代に(まさか産み場所がなくなるなんて
  • 少子化で脚光を浴びた妊婦たち ほか)
  • 第1章 お産のたどってきた道(命を自然にゆだねていたころ
  • 生まれた命を返す人々 ほか)
  • 第2章 帝王切開から見える、お産の変化(なぜ、帝王切開は増えたのか
  • 女性たちの身体の変化 ほか)
  • 第3章 赤ちゃん救命最前線、NICUで起きていること(三〇人に一人が入るNICU
  • 懐から保育器へ、保育器からNICUへ ほか)
  • 第4章 これからの産み場所(「最後の砦」の新しい条件
  • 病院に必要な経済的支援 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 安全なお産、安心なお産 : 「つながり」で築く、壊れない医療
著作者等 河合 蘭
書名ヨミ アンゼンナ オサン アンシンナ オサン : ツナガリ デ キズク コワレナイ イリョウ
出版元 岩波書店
刊行年月 2009.10
ページ数 190, 6p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-022054-5
NCID BA91809562
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21677338
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想