インセンティブ : 自分と世界をうまく動かす

タイラー・コーエン 著 ; 高遠裕子 訳

実は、経済学の核となる概念はカネではない。インセンティブである。簡単に言えば、人間に行動を起こさせるもの-その活用術を、子供への家事手伝いのやらせ方、会議のやり過ごし方、歯科医のおだて方、マラケシュでのガイドの雇い方を例に、とことん魅力的にお教えしよう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 バナナなら買える。けれど、市場にないものも欲しい
  • 第2章 世界をうまく動かす方法-基本編
  • 第3章 世界をうまく動かす方法-応用編
  • 第4章 芸術を真に楽しむために「足りないもの」は何か?
  • 第5章 シグナルは語る-家庭でも、デート中も、拷問のときも
  • 第6章 「自己欺瞞」という危険だが不可欠な技術
  • 第7章 とにかくおいしく食べるきわめつけの極意
  • 第8章 七つの大罪の市場-その傾向と対策
  • 第9章 クリスマス・プレゼントは世界を救うだろうか?
  • 第10章 内なるエコノミストとわれらの文明の未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 インセンティブ : 自分と世界をうまく動かす
著作者等 Cowen, Tyler
高遠 裕子
コーエン タイラー
書名ヨミ インセンティブ : ジブン ト セカイ オ ウマク ウゴカス
書名別名 Discover your inner economist

Insentibu
出版元 日経BP社 : 日経BP出版センター
刊行年月 2009.10
ページ数 316p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8222-4774-4
NCID BA91807068
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21669959
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想