ギリシア悲劇ノート

丹下和彦 著

お祭りの演劇コンクール?機械仕掛けの神とは何か?舞台に出られる俳優は三人だけ?作家の不幸な人生が傑作を生み出したのか?古典の隠れた魅力を逍遥する愉しみ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 素材の競合と独自性
  • 第2章 合唱隊は俳優か
  • 第3章 嘘を吐く神
  • 第4章 「神様を出せ!」
  • 第5章 喜劇になり損ねた話
  • 第6章 もの言わぬ俳優もしくは雄弁なる沈黙
  • 第7章 脇役登場
  • 第8章 イオカステはいつ知ったか
  • 第9章 てんでんばらばら
  • 第10章 「女嫌い」エウリピデス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ギリシア悲劇ノート
著作者等 丹下 和彦
書名ヨミ ギリシア ヒゲキ ノート
書名別名 Girishia higeki noto
出版元 白水社
刊行年月 2009.10
ページ数 262, 2p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-560-08028-3
NCID BA91802519
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21668427
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想