2009年、なぜ政権交代だったのか

田中愛治, 河野勝, 日野愛郎, 飯田健, 読売新聞世論調査部 著

[目次]

  • 第1章 自民党衰退の構造:得票構造と政策対立軸の変化
  • 第2章 選挙結果からみた民主党圧勝、自民党大敗の構図
  • 第3章 変容する日本の総選挙:政党システム、候補者、そして有権者
  • 第4章 国民意識の動き
  • 第5章 政権交代は一日にして成らず:有権者意識にみる2009年総選挙
  • 第6章 「失望」と「期待」が生む政権交代:有権者の感情と投票行動
  • 第7章 小泉内閣以降の10年史

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 2009年、なぜ政権交代だったのか
著作者等 日野 愛郎
河野 勝
田中 愛治
読売新聞世論調査部
飯田 健
書名ヨミ 2009ネン ナゼ セイケン コウタイ ダッタノカ : ヨミウリ ワセダ ノ キョウドウ チョウサ デ ヨミトク ニホン セイジ ノ テンカン
書名別名 読売・早稲田の共同調査で読みとく日本政治の転換
出版元 勁草書房
刊行年月 2009.10
ページ数 217p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-326-30182-9
NCID BA91796584
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21670908
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想