「3」の発想 : 数学教育に欠けているもの

芳沢光雄 著

数学の世界では、「3」の発想を会得すれば、それ以上の数の事象についても応用によって解けるケースが多い。ティッシュペーパーやドミノ倒しの原理、オモリを使った計測法、3項計算、三段論法、作況指数とジニ係数など、分かりやすい例を挙げ、いかに「3」を学ぶことが重要かを説く。「ゆとり教育」で損なわれた「考える数学力」が本書で身につく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 つながっていく性質を持つ「3」(ティッシュペーパーとドミノ倒し
  • あみだくじをどう教える? ほか)
  • 第2章 「3」が要となる世界(ジャンケンはなぜ「3すくみ」なのか
  • なぜ三角形の学習が必要なのか ほか)
  • 第3章 関係を定める時に必要な「3」(「2項計算より3項計算」の理由
  • 二人三脚と三つ編 ほか)
  • 第4章 現象の特徴を表わすことができる「3」(作況指数とジニ係数
  • アナログ型の数字では「上位3桁」が重要 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「3」の発想 : 数学教育に欠けているもの
著作者等 芳沢 光雄
書名ヨミ 3 ノ ハッソウ : スウガク キョウイク ニ カケテイル モノ
シリーズ名 新潮選書
出版元 新潮社
刊行年月 2009.10
ページ数 173p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-603651-4
NCID BA91792404
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21669964
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想