マルクス自身の手による資本論入門

ヨハン・モスト 原著 ; カール・マルクス 加筆・改訂 ; 大谷禎之介 訳

生前、マルクス自身が改訂・加筆をおこなった唯一の『資本論』の入門・解説書。1873年、ドイツ社会民主労働者党の活動家モストは、獄中で『資本論』第一巻を抜粋しながら平易化した『資本と労働-カール・マルクス著『資本論』のわかるダイジェスト』をつくった。1875年、同党の指導者リープクネヒトは、マルクスにこの本の改訂を依頼。これをうけてマルクスは、労働者たちにも理解しやすいよう『資本論』引用部分の書きかえや、多くの書き下ろしを加え、大幅な改訂を行なった。こうして刊行された第二版が本書のもととなっており、マルクス自身が『資本論』の要点をより広い読者へ向けて説明した類例のない入門・解説書である。『資本論』引用部分もすべて新訳、わかりやすい解説を加えた「『資本論』入門」の決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 商品と貨幣
  • 資本と労働
  • 資本主義的生産の基礎
  • 労働日
  • 協業と分業
  • 大工業
  • 工場制度発展の諸結果
  • 労賃
  • 資本の再生産過程と蓄積過程
  • 資本主義的人口法則
  • 資本主義的過剰人口のさまざまの形態-大衆の窮乏
  • 現代の資本の起源

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マルクス自身の手による資本論入門
著作者等 Marx, Karl
Most, Johann Joseph
大谷 禎之介
Most Johann
マルクス カール
モスト ヨハン
書名ヨミ マルクス ジシン ノ テ ニ ヨル シホンロン ニュウモン
書名別名 Kapital und Arbeit
シリーズ名 資本論
出版元 大月書店
刊行年月 2009.10
ページ数 208p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-272-11114-5
NCID BA91773104
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21669325
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想