こころの病が治る親子の心理療法

網谷由香利 著

傷ついたこころはどのようなプロセスを経て回復するのか。第一級のサイコセラピストによる感動のドキュメント。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「生きている」という実感がなかった女の子-三代にわたる病理の感染
  • 2 "三〇〇人格"を共有していた姉と弟-解離のこころの能力
  • 3 太陽のように明るく人なつっこい女の子と、闇のなかの孤独な女の子-分断されたふたつの世界
  • 4 子どもの世界に適応できなくなった少年-外側(日常)を見る目と内側(こころ)を見る目
  • 5 大人の争いのなかに巻き込まれた女の子-こころとこころの対話
  • 6 突然怒りが爆発してキレてしまう青年-なぜ衝動が起きるのか
  • 7 生まれる前からお母さんを守っていた女の子-不幸のカプセルのなかで三代続いた一体化
  • 8 身体症状に苦しむ母親を背負っていた男の子-憎しみと怒りの違い
  • 9 ずっと両親に我慢して反抗期のなかった女性-子どもの問題は大人の問題
  • 10 母親の虐待で苦しんできた女性-切り捨てた傷を引き戻す

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 こころの病が治る親子の心理療法
著作者等 網谷 由香利
書名ヨミ ココロ ノ ヤマイ ガ ナオル オヤコ ノ シンリ リョウホウ
出版元 第三文明社
刊行年月 2009.9
ページ数 223p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-476-03302-1
NCID BA9175518X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21655445
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想