子ども虐待を防ぐ市町村ネットワークとソーシャルワーク : グラウンデッド・セオリー・アプローチによるマネージメント実践理論の構築

山野則子 著

[目次]

  • 第1章 市町村児童虐待防止ネットワークの実践理論構築の必要性とその位置(児童虐待の市町村ネットワークの位置づけと今日的課題
  • 市町村児童虐待防止ネットワークに関係する理論)
  • 第2章 研究デザイン(研究目的と研究の枠組み
  • 理論構築のための研究方法)
  • 第3章 結果と考察-ネットワークを機能させるマネージメントとは(マネージャーのコンテクストとその関係:影響要因
  • 閉殻の連鎖:ネットワーク初期段階のマネージメントプロセス
  • 内発の連鎖:ネットワーク機能段階のマネージメントプロセス)
  • 第4章 結論-実践理論を活かしていくために(ソーシャルワーク実践理論における意義
  • 市町村児童虐待防止ネットワーク領域への示唆
  • 研究方法から見た研究の意義と今後の研究課題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子ども虐待を防ぐ市町村ネットワークとソーシャルワーク : グラウンデッド・セオリー・アプローチによるマネージメント実践理論の構築
著作者等 山野 則子
書名ヨミ コドモ ギャクタイ オ フセグ シチョウソン ネットワーク ト ソーシャル ワーク : グラウンデッド セオリー アプローチ ニ ヨル マネージメント ジッセン リロン ノ コウチク
出版元 明石書店
刊行年月 2009.10
ページ数 259p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7503-3073-0
NCID BA91747239
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21763943
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想