医療崩壊の真犯人

村上正泰 著

救急患者の「たらいまわし」、医療ミス頻発、医師不足、地域医療の荒廃、患者負担と保険料負担の増加…。医療制度に対する国民の不信・不安は、ここ数年で著しく高まっている。二〇〇〇年のWHOの発表で保健衛生システムの目標達成度が世界第一位と評価された日本が、なぜ医療崩壊への道を突き進んでしまったのか。財務省から厚生労働省へ出向中に医療制度改革に携わった元官僚が、医療制度のゆがみとそれを生んだ政策決定の過程を解説。さらに安心・信頼できる医療制度構築への方向を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 危機に瀕する日本の医療制度(増加する救急患者の「たらいまわし」
  • 医療事故の頻発で増幅される医師と患者の相互不信
  • 深刻化する医師不足問題
  • 病院閉鎖と病床削減で崩壊する地域医療
  • 増加する患者負担と保険料負担)
  • 第2部 「医療崩壊」の原因と求められる処方箋(「医療崩壊」の原因を探る
  • 医療政策の決まり方
  • 二〇〇六年度医療制度改革の舞台裏
  • 安全・安心の医療再生に向けて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 医療崩壊の真犯人
著作者等 村上 正泰
書名ヨミ イリョウ ホウカイ ノ シンハンニン
シリーズ名 PHP新書 633
出版元 PHP研究所
刊行年月 2009.10
ページ数 213p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-77377-3
NCID BA91745379
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21669855
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想