八〇年代・小劇場演劇の展開 : 演出家の仕事 3

日本演出者協会, 西堂行人 編

"運動"から"消費"へ。時代の大きな転換期、演劇はどのように変貌を遂げたのか。空前の"小劇場演劇ブーム"の中、先行世代の活躍と挫折を目撃しながら新たな方法を模索し、時代を軽やかに駆け抜け、あるいは時代と不器用に格闘し、演劇を牽引してきた演出家たち-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「八〇年代・小劇場演劇の展開-演出家の仕事3」発刊に当たって
  • 続・演出家の仕事-八〇年代・小劇場演劇の展開
  • 演出家論-野田秀樹 渡辺えり子 鴻上尚史 平田オリザ
  • 演出家が語る八〇年代
  • 演出家による演出論
  • 演出論エッセイ
  • 演出論を読む
  • 八〇年代より活躍する演出家

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 八〇年代・小劇場演劇の展開 : 演出家の仕事 3
著作者等 日本演出者協会
西堂 行人
書名ヨミ 80ネンダイ ショウゲキジョウ エンゲキ ノ テンカイ : エンシュツカ ノ シゴト
書名別名 80nendai shogekijo engeki no tenkai
出版元 日本演出者協会 : れんが書房新社
刊行年月 2009.10
ページ数 305p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8462-0355-9
NCID BA91742905
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21705528
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想