物語ストラスブールの歴史 : 国家の辺境、ヨーロッパの中核

内田日出海 著

世界遺産にも指定された旧市街をもつストラスブールは、ケルト人の集落に端を発し、ローマ→ゲルマーニア→フランク王国と西ヨーロッパの典型的な文明を経験した。その後、ドイツ、フランスによる争奪が繰り返されるなか、ルネサンス、市民革命、ナショナリズム、世界大戦など、ヨーロッパ史を象徴する出来事をすべて体現する。寛容と自由、排他主義と戦火-もっとも壮麗にヨーロッパ史を生きた都市の歴史を鮮やかに描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1話 都市の起こり-ケルト人のまちから「シュトラースブルク」へ
  • 第2話 ドイツ的自由のなかの都市共和国-司教都市から神聖ローマ帝国自由都市へ(九八二〜一六八一年)
  • 第3話 フランス的趣味、ドイツ的流儀-フランス王国自由都市の時代(一六八一〜一七八九年)
  • 第4話 フランス国家のふところ-「マリアンヌ」とナポレオンの時代(一七八九〜一八七一年)
  • 第5話 ドイツ「占領」と自治(喪失と再生)-「ライヒスラント」首都の時代(一八七一〜一九一八年)
  • 第6話 揺れ動く魂-再フランス化と再々ドイツ化(一九一八〜四五年)
  • 第7話 ドイツからの解放、ヨーロッパへの開放-再々フランス化の時代(一九四五年〜)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物語ストラスブールの歴史 : 国家の辺境、ヨーロッパの中核
著作者等 内田 日出海
書名ヨミ モノガタリ ストラスブール ノ レキシ : コッカ ノ ヘンキョウ ヨーロッパ ノ チュウカク
書名別名 Monogatari sutorasuburu no rekishi
シリーズ名 中公新書 2027
出版元 中央公論新社
刊行年月 2009.10
ページ数 313p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102027-7
NCID BA91734135
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21692397
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想