精神病院を捨てたイタリア捨てない日本

大熊一夫 著

この国の精神保健の明日を描くために。精神保健最先進国イタリアからの渾身のルポと、日本への提言。第1回フランコ・バザーリア賞受賞(2008年)記念作品。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 日本の悪夢-一九七〇年、鉄格子の内側に潜入(恐怖と絶望と退屈の病棟
  • 私設強制収容所
  • 不肖の息子とその親)
  • 第2部 目からウロコ-一九八六年、精神保健先輩国を訪ねる(精神病院を廃絶?
  • 世界の精神保健事情
  • バザーリアの後継者を招く)
  • 第3部 精神病院の終焉-二〇〇六年夏、ローマの友からの便り(取材意欲再び
  • タンスの骸骨
  • トリエステ燃ゆ
  • 歴史的妥協
  • トリエステの現在
  • バザーリアってこんな人)
  • 第4部 地域サービス時代の到来-一九九〇年代以降のイタリア(一八〇号法生き残る
  • 首都ローマの改革
  • 司法精神病院の街
  • 政変で精神保健が変わった
  • 残酷物語はお伽話に昇華した
  • 改革のキーワードは脱・施設化)
  • 第5部 日本の地域精神保健-二〇〇九年、希望への胎動(二人の先達その後
  • 青い鳥を求めて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精神病院を捨てたイタリア捨てない日本
著作者等 大熊 一夫
書名ヨミ セイシン ビョウイン オ ステタ イタリア ステナイ ニホン
出版元 岩波書店
刊行年月 2009.10
ページ数 249p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-023685-0
NCID BA91732537
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21679415
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想