ヒマラヤ世界 : 五千年の文明と壊れゆく自然

向一陽 著

標高八千m級の山々に囲まれて生きるシェルパ族。限られた自然の恵みを大切にし、質素だが朗らかに暮らす彼らと触れあうのは、トレッキングの醍醐味だ。しかし、近年、温暖化に伴う氷河湖の決壊や森林破壊が懸念されている。最源流のヒマラヤだけでなく、中流のヒンドゥスタン平野や河口にも、干魃による農地の疲弊や洪水による村の消失などさまざまな危機が訪れている。ヒマラヤ世界五千年の文明はどこへ行くのか、現地からの報告。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ニム・マガールとの旅(エベレストの麓
  • 高ヒマラヤの内ふところ
  • 崩壊するヒマラヤ)
  • 第2部 ラクパ・シェルパとの旅(共生とは
  • 小水力発電所
  • 人間、ささやかに生きられないか)
  • 第3部 ヒンドゥスタン平野(東西三〇〇〇キロの大回廊
  • 緑の革命の反作用
  • 洪水常襲平原
  • 群島国家バングラデシュ)
  • エピローグ アドベンチャーやると健康になるよ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヒマラヤ世界 : 五千年の文明と壊れゆく自然
著作者等 向 一陽
書名ヨミ ヒマラヤ セカイ : 5000ネン ノ ブンメイ ト コワレユク シゼン
シリーズ名 中公新書 2026
出版元 中央公論新社
刊行年月 2009.10
ページ数 290p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102026-0
NCID BA91726159
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21692398
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想