「いい人に見られたい」症候群 : 代償的自己を生きる

根本橘夫 著

「偽りの自分」を生きていると感じる-。「期待されている自分像」を懸命に演じながら、一方で、「本当の自分」は別にいるはずと悩む人に贈る、人生を「自分の人生」として実感できる方法。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「本当の自分」を生きられない
  • 第2章 自我の発達と分裂
  • 第3章 なぜ、代償的自己を生きてしまうのか
  • 第4章 「本当の自分」の正体
  • 第5章 自分になるということ
  • 第6章 自分を生きる
  • 第7章 自分の人生をつくる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「いい人に見られたい」症候群 : 代償的自己を生きる
著作者等 根本 橘夫
書名ヨミ イイ ヒト ニ ミラレタイ ショウコウグン : ダイショウテキ ジコ オ イキル
シリーズ名 文春新書 724
出版元 文藝春秋
刊行年月 2009.10
ページ数 236p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-16-660724-2
NCID BA91725972
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21667831
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想