若き友人たちへ : 筑紫哲也ラスト・メッセージ

筑紫哲也 著

愛国主義は悪党の最後の隠れ家である。本書の中で筑紫さんが語る言葉の一つである。誰もが反対しづらい美辞麗句、思わず振り向いてしまう大きな声には注意が必要だ、という意味である。二〇〇三年から二〇〇八年にかけて、筑紫さんは早稲田大学と立命館大学で主に大学院生に向けた講座をもっていた。その中で再三伝えようとしたのは、情報や情緒に流されることなく自分の頭で考えることの素晴らしさであった。この一連の講義録をもとに、本書は構成された。「若き友人」を「日本人」と置き換えてもいい。筑紫哲也さんからの最後のメッセージである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 まず憲法について話してみよう
  • 第2章 そもそも日本人とは何者か
  • 第3章 二つの日本人論を読む
  • 第4章 沖縄から日本が見えるか?
  • 第5章 さまざまなメディアを歩いてみよう
  • 第6章 雑誌と新聞をめぐる私的ジャーナリズム論
  • 第7章 国家、この厄介なるもの
  • 第8章 教育こそが国の基本である
  • 第9章 「知の三角形」という考え方
  • 第10章 この国がおかれている現実を見つめる
  • 第11章 そして、この国の行方は…

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 若き友人たちへ : 筑紫哲也ラスト・メッセージ
著作者等 筑紫 哲也
書名ヨミ ワカキ ユウジンタチ エ : チクシ テツヤ ラスト メッセージ
シリーズ名 集英社新書 0515B
出版元 集英社
刊行年月 2009.10
ページ数 251p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720515-2
NCID BA91716202
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21665909
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想