源平の内乱と公武政権

川合康 著

平氏権力や鎌倉幕府は朝廷に代わる政権を樹立したのか。後白河院政期から執権政治の展開まで、朝廷・武門の両者の視点で協調と対立を描き出す。武家の自立を変革の時代のなかに位置づけ、新しい歴史像を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 武家と朝廷
  • 1 後白河院政の展開と平清盛
  • 2 京の武士社会と平氏軍制
  • 3 平氏クーデタと治承・寿永の内乱の勃発
  • 4 平氏追討戦争と鎌倉幕府権力の形成
  • 5 天下落居と頼朝の政治
  • 6 後鳥羽院政と承久の乱
  • 7 執権政治の展開と寛喜の大飢饉
  • 終章 公武政権と内乱・飢饉・東アジア

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 源平の内乱と公武政権
著作者等 川合 康
書名ヨミ ゲンペイ ノ ナイラン ト コウブ セイケン
書名別名 Genpei no nairan to kobu seiken
シリーズ名 日本中世の歴史 3
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2009.11
ページ数 322p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-642-06403-3
NCID BA91712620
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21668152
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想