紫 : 紫草から貝紫まで

竹内淳子 著

紫根染の技法を受け継ぐ人々や復元に力をつくす人々を各地にたずね、貝紫染の起源を求めて吉野ヶ里に至るとともに、紫をめぐる物語やエピソードに及ぶ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 紫草を栽培し、雪中に染める
  • 江戸末期から眠っていた紫根染の復元
  • 柿生の里の草木染工房
  • 岩泉の南部紫根染は先染の縞織り
  • 消えてしまった鹿角花輪の紫根染
  • 武蔵野に幻の紫草をたずねて
  • 紫草は「絶滅危惧種」指定
  • 薬草園の紫草栽培
  • 武蔵丘陵自然公園の紫草
  • たった一人で紫草を栽培し続ける人
  • 華岡青洲創出の紫雲膏と薬玉
  • 助六の伊達鉢巻
  • 人の心を捉える天然染料
  • 合成染料の透明な美しさ
  • 「紫」ゆかりの物語
  • 王朝文化の紫の雅び
  • 『枕草子』に見る色彩の世界
  • 紫綬褒章の源をたずねて
  • 貝紫染と海女の暮らし
  • 吉野ヶ里遺跡の貝紫染

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 紫 : 紫草から貝紫まで
著作者等 竹内 淳子
書名ヨミ ムラサキ : ムラサキ カラ カイムラサキ マデ
書名別名 Murasaki
シリーズ名 ものと人間の文化史 148
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2009.10
ページ数 316p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-21481-3
NCID BA91697458
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21693432
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想