逆説の日本史  16(江戸名君編) (水戸黄門と朱子学の謎)

井沢元彦 著

幕末尊皇攘夷思想のルーツに迫る。「家康の遺言」に秘められた水戸黄門への蜜命!シリーズ400万部突破!歴史ノンフィクションの金字塔。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 江戸「名君」の虚実1 徳川光圀の生涯編-武士の「忠義」の対象は天皇か将軍か
  • 第2章 江戸「名君」の虚実2 保科正之の生涯編-王政復古と明治維新へと発展した思想のルーツ
  • 第3章 江戸「名君」の虚実3 上杉鷹山の改革編-名門家臣を断罪した「流血」の覚悟
  • 第4章 江戸「名君」の虚実4 池田光政の善政編-「脱・仏教体制」の潮流と『太平記』注釈書
  • 第5章 江戸、町人文化の世界1 江戸文化の「江戸的」展開編-俳諧と歌舞伎と落語のルーツ
  • 第6章 江戸、町人文化の世界2 江戸文化の「江戸的」凝縮編-芸術の「大衆化」を支えてきた源泉

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 逆説の日本史
著作者等 井沢 元彦
書名ヨミ ギャクセツ ノ ニホンシ
書名別名 水戸黄門と朱子学の謎

The paradoxical Japanese history

Gyakusetsu no nihonshi
巻冊次 16(江戸名君編) (水戸黄門と朱子学の謎)
出版元 小学館
刊行年月 2009.10
ページ数 448p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-09-379686-6
NCID BA91691655
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21667981
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想