シチリア・マフィアの世界

藤澤房俊 著

「シチリア。道化芝居と悲劇が絶え間なく繰り返されるその人間の大スペクタクルをよりよく理解するには、マフィアをわかる必要がある」シチリアの過酷な風土と圧政とが育んだマフィア。大土地所有制の下で、一八世紀に台頭した農村ブルジョワ層は、暴力と脅迫でイタリア近・現代政治をも支配した。謎の組織の誕生と発展の歴史を辿る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 マフィアの誕生(名誉とオメルタ
  • 農村から都市へ)
  • 第2章 マフィア王国の成立(幼虫から蝶へ
  • ノタルバルトロ殺人事件
  • 「シチリア・ファッシ」)
  • 第3章 ファシズムとマフィア(マフィアとファシズムの共存期
  • ファシズムのマフィア撲滅政策)
  • 第4章 シチリア独立運動と山賊とマフィア(連合軍シチリア上陸作戦への協力
  • シチリア独立運動
  • 山賊ジュリアーノの生涯)
  • 第5章 企業家としてのマフィア(大土地所有制は死に、マファイアは生き残った
  • シチリア・マフィアと「コーザ・ノストラ」の連携)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シチリア・マフィアの世界
著作者等 藤沢 房俊
書名ヨミ シチリア マフィア ノ セカイ
シリーズ名 講談社学術文庫 1965
出版元 講談社
刊行年月 2009.10
ページ数 262p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-291965-4
NCID BA91676108
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21668310
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想