回復する身体と脳 : 脳卒中の麻痺を治療する脳のリハビリテーション

出江紳一 著

磁気で脳を刺激する。身体と脳をつなぐ神経システムを刺激して、訓練だけでは引き出せない脳の損傷のリハビリテーションを促進する。脳卒中の片麻痺の治療の最前線。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 脳の病気で起こる運動障害-その評価と治療
  • 第2章 脳の働きの基本-神経と筋肉は電気信号で会話をする
  • 第3章 反射-運動をコントロールする基本単位
  • 第4章 脳と運動-運動技能向上のメカニズム
  • 第5章 脳への刺激法とリハビリテーション-神経系に可塑的変化をもたらす方法(脳を刺激する方法
  • 磁気刺激によって脳がどのように「興奮」するのか
  • 磁気刺激で筋肉に起こる反応
  • 磁気刺激による反応で脳の仕組みを探索する
  • 脳を活性化する手技と磁気刺激
  • 磁気刺激の安全性
  • 磁気刺激で片麻痺を評価する
  • 磁気刺激によって変化する脳
  • 脳への磁気刺激によって麻痺が改善する
  • 磁気刺激により麻痺が改善した事例
  • 磁気刺激によって過剰な運動が正常化した例
  • その他の磁気刺激治療)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 回復する身体と脳 : 脳卒中の麻痺を治療する脳のリハビリテーション
著作者等 出江 紳一
書名ヨミ カイフクスル シンタイ ト ノウ : ノウソッチュウ ノ マヒ オ チリョウスル ノウ ノ リハビリテーション
書名別名 Kaifukusuru shintai to no
出版元 中央法規
刊行年月 2009.9
ページ数 208, 14p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8058-3208-0
NCID BA91611758
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21655055
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想