長井健司を覚えていますか : ミャンマーに散ったジャーナリストの軌跡

明石昇二郎 著

現場にこだわり、現場で倒れた日本人ジャーナリストがいた。2007年9月27日、自由と民主化を求める民衆の中でミャンマー軍の銃弾に倒れた彼は、音楽を愛する、愚直で純粋で熱い男だった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 起 ビルマに死す(日本人ジャーナリスト、撃たれる
  • 無言の帰宅)
  • 承 ジャーナリスト誕生(「音ガク」が好きだった
  • 自由人
  • 目覚め
  • ワン・ステップ・アヘッド-もう一歩、前へ踏み出さないか
  • わがままな奴
  • 自分の見たことだけが「事実」
  • 突撃取材)
  • 転 「戦場」へ(「戦場に行きたいんだ」
  • 「JCO事故」現場にまで突撃?
  • 「ポー・ケンジ」
  • アフガン取材
  • 伝えなければならないものが、そこにあるから
  • 親切なジャーナリスト
  • 「イラク報道」にも参戦
  • 「わがまま」健司
  • 「理解されない人々」への憐憫
  • 「青春」健司、五〇歳に到達
  • 「ビルマ」への関心
  • 最後のメール
  • 「死ぬ気で行きます」)
  • 結 さらば、健司(「決断」の結末
  • 検証コラム 「サンダル履き」の謎
  • その思いを受け止めて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 長井健司を覚えていますか : ミャンマーに散ったジャーナリストの軌跡
著作者等 明石 昇二郎
書名ヨミ ナガイ ケンジ オ オボエテイマスカ : ミャンマー ニ チッタ ジャーナリスト ノ キセキ
出版元 集英社
刊行年月 2009.9
ページ数 167p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-08-780531-4
NCID BA9160367X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21653375
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想