脳に悪い7つの習慣

林成之 著

脳は気持ちや生活習慣で、その働きがよくも悪くもなる。この事実を知らないばかりに、脳力を後退させるのはもったいない。脳に悪い習慣とは、「興味がない」と物事を避けることが多い、「嫌だ」「疲れた」とグチを言う、言われたことをコツコツやる、常に効率を考えている、やりたくないのに我慢して勉強する、スポーツや絵などの趣味がない、めったに人をほめない、の7つ。これらをやめるだけで頭の働きが倍増する理由を、脳のしくみからわかりやすく解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 脳に悪い習慣1-「興味がない」と物事を避けることが多い
  • 第2章 脳に悪い習慣2-「嫌だ」「疲れた」とグチを言う
  • 第3章 脳に悪い習慣3-言われたことをコツコツやる
  • 第4章 脳に悪い習慣4-常に効率を考えている
  • 第5章 脳に悪い習慣5-やりたくないのに、我慢して勉強する
  • 第6章 脳に悪い習慣6-スポーツや絵などの趣味がない
  • 第7章 脳に悪い習慣7-めったに人をほめない

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳に悪い7つの習慣
著作者等 林 成之
書名ヨミ ノウ ニ ワルイ 7ツ ノ シュウカン
シリーズ名 幻冬舎新書 143
出版元 幻冬舎
刊行年月 2009.9
ページ数 182p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-344-98144-7
NCID BA91601936
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21720752
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想