近代政治の脱構築 : 共同体・免疫・生政治

ロベルト・エスポジト 著 ; 岡田温司 訳

世界的に注目を集めるイタリア現代思想にあって、ひときわ光彩を放つロベルト・エスポジト。本書は、彼の主著である三連作『コムニタス(共同体)』『イムニタス(免疫)』『ビオス(政政治)』のエッセンスがわかり、かつ、最新作『三人称』にいたる道筋をも示す、エスポジト哲学にもっとも入りやすい著作である。フーコーによって提起され、アガンベンや、ネグリの『帝国』によって展開された「生政治」の思考は、どのように深化・進展するのか。そこに、「免疫」という視点はどのようにからむのか。九・一一とは、ナチズムとは…。もっともスリリングな政治哲学への招待-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 訳者によるイントロダクション ナポリ発、全人類へ-ロベルト・エスポジトの思想圏
  • 共同体の法
  • メランコリーと共同体
  • 共同体とニヒリズム
  • 免疫型民主主義
  • 自由と免疫
  • 免疫化と暴力
  • 生政治と哲学
  • ナチズムとわたしたち
  • 政治と人間の自然
  • 全体主義あるいは生政治-二十世紀の哲学的解釈のために
  • 非人称の哲学へ向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代政治の脱構築 : 共同体・免疫・生政治
著作者等 Esposito, Roberto
岡田 温司
エスポジト ロベルト
書名ヨミ キンダイ セイジ ノ ダツコウチク : キョウドウタイ メンエキ セイ セイジ
書名別名 Termini della politica
シリーズ名 講談社選書メチエ 451
出版元 講談社
刊行年月 2009.10
ページ数 290p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-258451-7
NCID BA9159970X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21664746
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 イタリア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想