インドの科学者 : 頭脳大国への道

三上喜貴 著

数学の異才ラマヌジャン、自然科学でアジア初のノーベル賞ラマン、遺伝子暗号を解明したコラナ、インドは数多くの天才を生んでいる。そして現在、世界中に科学者・技術者を送りだし、頭脳大国への道をひた走るインド。才能を育てる秘訣は何か?日本が学ぶ点は?植民地時代からの歴史をたどり、インド人科学者たちの実像に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 植民地時代のパイオニアたち(インド近代科学の父J.C.ボース
  • 化学と化学工業の父ラーイ
  • 天才数学者ラマヌジャン
  • パイオニアを育てた舞台装置と条件)
  • 第2章 アジア初のノーベル賞受賞者ラマン(若き日々 ヘルムホルツの本との出会い
  • カルカッタ時代
  • ラマン効果の発見とノーベル賞受賞
  • バンガロール時代
  • 同時代の科学者サハとS・N・ボース)
  • 第3章 独立インドの主役たち(初代首相ネルーのリーダーシップ
  • タタ基礎研究所タタ一族とバーバー
  • 独自の原子力戦略
  • ロケット技術の父 アヴドゥル・カラーム)
  • 第4章 グローバルに活躍するインドの頭脳(頭脳流出組チャンドラセカール
  • 米国の技術革新を支えたインドの頭脳
  • 科学技術と国際政治
  • 持続可能な開発への挑戦)
  • 第5章 インドの教育について考えること(論理的表現力
  • 数学基礎力の訓練
  • 創造プロセスの追体験
  • アマルティア・センの指摘)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 インドの科学者 : 頭脳大国への道
著作者等 三上 喜貴
書名ヨミ インド ノ カガクシャ : ズノウ タイコク エノ ミチ
シリーズ名 岩波科学ライブラリー 163
出版元 岩波書店
刊行年月 2009.10
ページ数 120p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-029563-5
NCID BA91575971
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21678528
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想