森鴎外と『戦争論』

石井郁男 著

「明治32年、軍医森鴎外(林太郎)が小倉の第12師団に異動」この人事は、鴎外自身も含め「都落ちの左遷」というのが通説だった。著者はこの通説を真っ向から否定する!「小倉への異動は、来るべき日露戦争への布石として、クラウゼヴィッツの『戦争論』の翻訳を進めるために、参謀本部の田村怡与造が発案した人事である!」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ
  • 第1章 森林太郎の立志
  • 第2章 八面六臂の活躍
  • 第3章 鴎外の小倉赴任業績
  • 第4章 『戦争論』翻訳前史
  • 第5章 鴎外を『戦争論』に結びつけた男
  • 第6章 軍医鴎外がなぜ『戦争論』を理解できたのか
  • 第7章 日清戦争をめぐって
  • 第8章 日露戦争と『戦争論』
  • エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 森鴎外と『戦争論』
著作者等 石井 郁男
書名ヨミ モリ オウガイ ト センソウロン : コクラ サセン ジンジ ノ シンジツ
書名別名 「小倉左遷人事」の真実
シリーズ名 戦争論
出版元 芙蓉書房
刊行年月 2009.9
ページ数 187p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8295-0460-4
NCID BA91574210
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21714792
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想