天空の世界神話

篠田知和基 編

日本各地をはじめ、アジア、環太平洋、北米、インド、イスラム圏から東ヨーロッパなどにわたる地域を中心に、天と太陽・月・星などにまつわる神話伝承を、本来の、自然の力への畏敬の念をあらわした物語として再検討。神話研究をリードする15名の碩学による意義ある試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 世界神話における日月神話-ユーリ・ベレツィンの研究を中心に
  • 日本人の空間認識-南北軸と東西軸
  • 日本の風神雷神信仰-多度大社の一目連の神
  • 伊勢朝熊山の縁起と星の神信仰
  • 倉吉・東郷に伝わる「羽衣伝説」とその歴史的背景
  • 高天原と神々と日月星辰
  • 沖縄の星の神話
  • 台湾高砂族ブヌン族の口頭伝承
  • 朝鮮の神話と天空世界-アルタイ系諸民族の世界像と関連性をめぐって
  • 神話的宇宙と英雄の世界-アイヌ叙事詩についてユーラシアの叙事詩研究からの覚え書
  • 羽衣伝説と神の鳥
  • インド神話における天空の至高神
  • スラヴ神話の再建に向けて
  • 北米先住民の天空神話
  • 天空の神話の実態と観念

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天空の世界神話
著作者等 松村 一男
篠田 知和基
書名ヨミ テンクウ ノ セカイ シンワ
書名別名 Tenku no sekai shinwa
出版元 八坂書房
刊行年月 2009.9
ページ数 358p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-89694-941-4
NCID BA91547954
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21706306
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想