マルクスに立ちケインズを知る : 国民経済計算の世界と『資本論』

川上則道 著

マルクス経済学の立場から国民経済を計量分析するための入門書。GDPなどの言葉でお馴染みの「国民経済計算」を活用する理論的啓蒙書。徳政令的方法による累積国債の削減についての試論なども展開する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 国民経済計算の世界と『資本論』(国民所得分析の性格と『資本論』
  • 国民所得分析の勘どころ
  • 国民経済のマクロ管理と国民所得分析
  • 国民経済計算と定型分析図例)
  • 第2部 国民経済計算を活用するために(国民経済の「生産の大きさ」をどう捉えるか
  • 国民経済の「所得の大きさ」をどう捉えるか
  • 国民経済の「支出の大きさ」をどう捉えるか
  • 生産・所得・支出概念のどのような点が不十分なのか
  • 輸出入は生産・所得・支出の概念にどう取り込まれるか
  • 間接税は生産・所得・支出の概念にどう取り込まれるか
  • 国民経済を部門分割して捉えるにはどうするか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マルクスに立ちケインズを知る : 国民経済計算の世界と『資本論』
著作者等 川上 則道
書名ヨミ マルクス ニ タチ ケインズ オ シル : コクミン ケイザイ ケイサン ノ セカイ ト シホンロン
出版元 新日本出版社
刊行年月 2009.9
ページ数 285p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-406-05278-8
NCID BA91536390
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21661872
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想