欧州統合の半世紀と東アジア共同体

廣田功 編

ヨーロッパ統合が動き出して半世紀以上たつ。統合の推進力である仏独の和解と関係を多角的に論じ、東アジア共同体構想の現状と課題を展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1945年以後の記憶の争点と仏独和解
  • 1945年以降の独仏の社会関係
  • 独仏関係の政治的射程-エリゼ条約を超えて
  • ドイツ、フランスと欧州の制度秩序-欧州経済共同体(EEC)からリスボン条約までの発展傾向
  • 拡大ヨーロッパにおける仏独関係-リーダーシップは今日でも正当か?
  • ドイツ、ヨーロッパ、世界の間-1957年以後のフランス経済の活動範囲
  • ドイツ産業界の最高団体と1945年以降のヨーロッパ統合-動機・構想・政策
  • 統合ヨーロッパのなかの植民地-1930年代フランスとユーラフリカ
  • 国境を越える教科書-独仏共通歴史教科書の内容と実践
  • 仏独文化関係の新段階のなかでの仏独歴史教科書
  • 二国間、ヨーロッパの文化関係における独仏青少年事務所(DFJW/OFAJ)
  • 東アジア自由貿易協定(EAFTA)の可能性-新地域主義の性格と課題
  • EUと東アジア共同体

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 欧州統合の半世紀と東アジア共同体
著作者等 広田 功
廣田 功
日仏会館
東京大学現代経済史研究教育ユニットCHEESE
東京大学ドイツ・ヨーロッパ研究センターDESK
書名ヨミ オウシュウ トウゴウ ノ ハンセイキ ト ヒガシアジア キョウドウタイ
書名別名 Oshu togo no hanseiki to higashiajia kyodotai
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2009.9
ページ数 245p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8188-2053-1
NCID BA91522942
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21673473
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
1945年以後の記憶の争点と仏独和解 ロベール・フランク, 廣田功
1945年以降の独仏の社会関係 ハルトムート・ケルブレ, 永岑三千輝
EUと東アジア共同体 坪井善明
ドイツ、フランスと欧州の制度秩序 ヨアヒム・シルト, 福永美和子
ドイツ、ヨーロッパ、世界の間 ジャン-フランソワ・エック, 廣田功
ドイツ産業界の最高団体と1945年以降のヨーロッパ統合 ヴェルナー・ビューラー, 田中延幸
二国間、ヨーロッパの文化関係における独仏青少年事務所(DFJW/OFAJ) ハンス・マンフレット・ボック, 西山暁義
仏独文化関係の新段階のなかでの仏独歴史教科書 ピエール・モネ, 剣持久木
国境を越える教科書 西山暁義
拡大ヨーロッパにおける仏独関係 クリスチャン・ルケーヌ, 廣田愛理
東アジア自由貿易協定(EAFTA)の可能性 深川由紀子
独仏関係の政治的射程 川嶋周一
統合ヨーロッパのなかの植民地 平野千果子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想