近世書籍文化考 : 国学の人々とその著述

高倉一紀 著

[目次]

  • はじめに-近世書籍文化研究の視点から
  • 第1章 「和歌の浦」第五冊の出現-若き宣長の歌学ノート
  • 第2章 『古事記伝』第四帙の刊年-旧説の検討と新資料
  • 第3章 栗田家来簡考-土満宛本居大平書簡五通
  • 第4章 『神代紀葦牙』成立考-中清書本の成立から出版まで
  • 第5章 岡の屋年譜考
  • 『三大考』論争と本居大平-本居派における『三大考』の波紋
  • 第7章 山崎義故とその著述-『阿漕雲雀』自筆稿本の書誌的考察を中心として

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近世書籍文化考 : 国学の人々とその著述
著作者等 高倉 一紀
書名ヨミ キンセイ ショセキ ブンカ コウ : コクガク ノ ヒトビト ト ソノ チョジュツ
シリーズ名 研究叢書 394
出版元 和泉書院
刊行年月 2009.9
ページ数 319p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7576-0521-3
NCID BA91519733
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21674833
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想