平凡パンチの三島由紀夫

椎根和 著

1968年、超人気週刊誌の編集者として、ぼくは、スーパースター三島由紀夫と出会った。番記者で唯一剣道の弟子となり、共にハンバーグを食べ、編集部で音楽を聴き、結婚式でスピーチをもらう-割腹自決までの三年間、新宿騒乱に同行し、「楯の会」の秘事を間近で見つめるなど濃密な関係を築いた著者が、文豪の知られざる素顔に迫った。従来の三島像を覆す、傑作ノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 "キムタク"なみのアイドルだった
  • 第2章 ねじれにねじれ拡散した信条
  • 第3章 スーパースター第一号誕生!
  • 第4章 頭脳に"ものが入ってきた"
  • 第5章 "ひどいから、いい"感覚
  • 第6章 "イメージ"が、新しい哲学になった
  • 第7章 "集合的無意識"世界への旅
  • 第8章 ゲバラとアリと三島のダンス
  • 第9章 気づかれなかった本当の遺書
  • 第10章 白い錬金術師の家

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平凡パンチの三島由紀夫
著作者等 椎根 和
書名ヨミ ヘイボン パンチ ノ ミシマ ユキオ
シリーズ名 新潮文庫 し-67-1
出版元 新潮社
刊行年月 2009.10
ページ数 342p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-128881-9
NCID BA91516247
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21659797
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想