神経疾患の遺伝子診断ガイドライン  2009

日本神経学会 監修 ; 「神経疾患の遺伝子診断ガイドライン」作成委員会 編

神経内科医が遺伝子診断を行うために把握しておくべき点をまとめた総論。代表的な遺伝性神経疾患を類型的に整理・解説した各論。巻末には遺伝子診断に有用な用語集、疾患遺伝子一覧、遺伝子検査実施機関を網羅。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論(基本理念
  • 遺伝子診断の目的と概要
  • 遺伝子検査に際して確認すべき点と進め方
  • インフォームド・コンセント
  • 代諾同意を必要とする患者についての遺伝子診断
  • 遺伝子検査法(遺伝学的検査)と結果の解釈
  • 遺伝子検査結果の説明
  • 家計図の書き方
  • 遺伝カウンセリング)
  • 各論(未成年で発症する疾患
  • 治療法が未確立の遅発性の疾患
  • 治療法が具体化しつつある疾患)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神経疾患の遺伝子診断ガイドライン
著作者等 日本神経学会
神経疾患の遺伝子診断ガイドライン作成委員会
「神経疾患の遺伝子診断ガイドライン」作成委員会
書名ヨミ シンケイ シッカン ノ イデンシ シンダン ガイドライン
巻冊次 2009
出版元 医学書院
刊行年月 2009.10
ページ数 167p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-260-00945-4
NCID BA91515437
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21661111
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想