高野山信仰の成立と展開

村上弘子 著

古代から現代に続く日本人の信仰と供養の系譜!日本人の信仰を語る上で欠かすことのできない高野山。高野山をこの世の浄土と見立てる高野山信仰について、その成立とその後の展開の様子を、各時代の政治・宗教・社会情勢との関係から解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに-本書の問題意識と構成
  • 第1章 高野山信仰の成立-『高野山往生伝』を中心に
  • 第2章 高野山における聖方の成立
  • 第3章 江戸時代の高野山信仰
  • 第4章 江戸時代の聖方寺院
  • 第5章 供養帳にみる高野山信仰の展開

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 高野山信仰の成立と展開
著作者等 村上 弘子
書名ヨミ コウヤサン シンコウ ノ セイリツ ト テンカイ
書名別名 Koyasan shinko no seiritsu to tenkai
出版元 雄山閣
刊行年月 2009.9
ページ数 300p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-639-02104-9
NCID BA91507370
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21766226
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想