『宇治拾遺物語』の中の昔話

廣田收 著

鎌倉初期に成立した説話文学『宇治拾遺物語』には、近代まで語りつがれた「昔話」とよく似た話がある。口承の昔話と説話文学を重ねて、浮かび上がってくる違い、つまりそれぞれの特質とは?共通する「話型」を軸に東アジアやヨーロッパにまで視界を広げ、『宇治拾遺物語』の読みが時空をまたぐ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 昔話と『宇治拾遺物語』
  • 2 瘤取爺
  • 3 腰折雀
  • 4 博徒婿入
  • 5 藁しべ長者
  • 6 猿神退治
  • 7 『宇治拾遺物語』の説話と出典
  • まとめに

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 『宇治拾遺物語』の中の昔話
著作者等 廣田 收
書名ヨミ ウジ シュウイ モノガタリ ノ ナカノ ムカシバナシ
シリーズ名 宇治拾遺物語 39
新典社新書 39
出版元 新典社
刊行年月 2009.9
ページ数 158p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-7879-6139-6
NCID BA91468144
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21734615
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想