大絵馬ものがたり  1 (稲作の四季)

須藤功 著

種まき・田植えから草取り、収穫・出荷まで、一年の田仕事や慰安、農具や稲作技術の変遷等、稲作にいそしむ願いと誇りを読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 神仏と田に遊ぶ(田遊び
  • 伝承資料 ほか)
  • 第2章 苗を育て植える(稲苗
  • 鳥追い ほか)
  • 第3章 田に水を送る(人力で水を送る
  • 稲作は水が命 ほか)
  • 第4章 稲作と農具と技術(江戸時代の農具
  • 年貢米納入 ほか)
  • 第5章 新時代の改革(夜明け後
  • 地租改正 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大絵馬ものがたり
著作者等 須藤 功
書名ヨミ オオエマ モノガタリ
書名別名 稲作の四季
巻冊次 1 (稲作の四季)
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 2009.9
ページ数 173p
大きさ 27cm
ISBN 978-4-540-09139-1
NCID BA91467334
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21655652
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想