数学は言葉

新井紀子 著

困ったことに、数学語は数学や科学だけで使われている言葉ではないのです。論理的とよばれているありとあらゆる分野で、数学語が共通語として使われているのです。というわけで、この本の目的は、「数学語を第二言語として身につける」です。言語の本ですから、「ナマモノ」の数学に出てくる補助線の引き方やつるかめ算など数学技能については勉強しません。三平方の定理やオイラーの公式のような有名な定理もやりません。その代わりに、数学の文法と和文数訳、数文和訳、そして数学の作文法を勉強します。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 定義とは何か
  • 2 数学の文法
  • 3 和文数訳
  • 4 数文和訳
  • 5 かたちから言葉を見る
  • 6 証明とは何か
  • 7 数学の作文
  • 8 終章-ふたたび古代ギリシャへ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 数学は言葉
著作者等 新井 紀子
書名ヨミ スウガク ワ コトバ
シリーズ名 Math stories
出版元 東京図書
刊行年月 2009.9
ページ数 243p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-489-02053-7
NCID BA91458366
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21656533
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想