図説見取り図でわかる!江戸の暮らし

中江克己 著

徳川家康が入国すると、小さな港町だった江戸は海岸や湿地を埋め立ててまたたくまに広がり、百十万人ともいわれる人々の暮らす大都会へと成長していった。広大な江戸城とその大奥、壮麗な門を誇る武家屋敷の数々、表通りに軒を並べる大店と、狭いながらも人情あふれた長屋のひと間、江戸っ子たちが楽しんだ湯屋や、さまざまな娯楽とは-。鳥のような目で江戸の町を眺望し、江戸人たちの暮らしがひと目でわかる多様な見取り図を収録。いまなお人々を惹きつけてやまない、江戸の魅力あふれる一冊である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 江戸の見取り図と町並み(大江戸八百八町-空から見た江戸の町
  • 江戸の市街地-どこからどこまでが「江戸」なのか ほか)
  • 2章 江戸城の見取り図と将軍の暮らし(江戸城-どのくらいの広さだったのか
  • 江戸城本丸天守閣-失われた壮麗な城建築 ほか)
  • 3章 武家屋敷の見取り図と武士の暮らし(徳川御三家-広大で華麗なたたずまいの屋敷
  • 江戸上屋敷-外堀内縁に権勢を競った大名たち ほか)
  • 4章 商家の見取り図と江戸の商い(大店の店がまえ-呉服の大店、駿河町三井呉服店
  • 小店の店がまえ-暮らしの必需品を扱う店 ほか)
  • 5章 町屋の見取り図と町人の暮らし(江戸の裏長屋-隣近所と共同生活の長屋暮らし
  • 九尺二間の裏長屋-庶民の暮らしはどんなだったか ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 図説見取り図でわかる!江戸の暮らし
著作者等 中江 克己
書名ヨミ ズセツ ミトリズ デ ワカル エド ノ クラシ
書名別名 図説見取り図で読み解く江戸の暮らし

Zusetsu mitorizu de wakaru edo no kurashi
シリーズ名 インテリジェンス PI-248
青春新書 PI-248
出版元 青春出版社
刊行年月 2009.9
ページ数 204p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-413-04248-2
NCID BA91436308
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21651151
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想