百人一首の歴史学

関幸彦 著

藤原定家の撰した歌集「百人一首」。そこには、かつて栄華を誇った王朝の記憶が幾重にも織り込まれている。陽成、崇徳、後鳥羽などの王家の敗者、元良親王、敦忠、儀同三司母など恋に生きた人々、曾禰好忠、藤原実方、源重之など、都鄙往還した下級貴族たち…。そうした詠み手たちの分析から、王朝時代史の読み直しを行い、さらには、時代を超えて継承される文化の力を考える。歴史学の立場から王朝文化の枠に踏み込み、近代における王朝時代の認識のされ方まで射程に入れた碩学の野心作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「百人一首」の時代
  • 2 神と人-敗れし者の系譜
  • 3 男と女-「恋は曲者」
  • 4 都と鄙-「名所」「歌枕」への誘い
  • 5 虚と実-王朝の記憶を繙く
  • 6 「百人一首」に時代をめくる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 百人一首の歴史学
著作者等 関 幸彦
書名ヨミ ヒャクニン イッシュ ノ レキシガク
書名別名 Hyakunin isshu no rekishigaku
シリーズ名 百人一首 1143
NHKブックス 1143
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2009.9
ページ数 221p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-14-091143-3
NCID BA91428591
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21660710
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想