心理臨床関係における身体

伊藤良子, 大山泰宏, 角野善宏 編

[目次]

  • 第1章 セラピストにおける心身の変化
  • 第2章 心理臨床の技法の中の身体
  • 第3章 「私」の生成と身体
  • 第4章 言葉と身体
  • 第5章 心理療法と身体論
  • 第6章 身体といのち
  • 終章 伊藤良子教授最終講義「心理臨床と科学性」抄録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心理臨床関係における身体
著作者等 伊藤 良子
大山 泰宏
角野 善宏
書名ヨミ シンリ リンショウ カンケイ ニ オケル シンタイ
書名別名 Shinri rinsho kankei ni okeru shintai
シリーズ名 京大心理臨床シリーズ 9
出版元 創元社
刊行年月 2009.9
ページ数 343p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-422-11369-2
NCID BA91424852
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21716320
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
〈私〉の生成と身体 見つめあいから生まれてくるもの 田中慶江
「欲望」と、欲望生成以前の「欲望」と 北口雄一
「聴く」という営みにおける身体 三好智子
こころ/からだ/いのち 松浦隆志
こころと身体とスピリチュアリティ 豊田園子
キャラクターにみる心と身体 宮嶋由布
セラピストにおける心身の変化 心理治療関係における共通言語としての身体 康智善
プレイセラピーにおけるセラピストの身体 本多早由里
ユングの治療論からみたこころとからだ 足立正道
伊藤良子教授最終講義抄録 心理臨床と科学性 伊藤 良子
心・体・家 高森淳一
心理療法と身体論 心理療法システムから見た顕在的身体/潜在的身体 廣瀬幸市
心理臨床における「ことば」と「からだ」 和田竜太
心理臨床におけるからだと関係性 仁里文美
心理臨床におけるセラピストの身体について 大谷真弓
心理臨床の技法の中の身体 体験の構造化における「からだ」の意義 徳田完二
心理臨床関係における新たな身体論へ 大山 泰宏
思春期の子どものプレイセラピーにおけるスポーツの臨床心理学的意味について 伊藤俊樹
描画体験におけるこころとからだ 浅田剛正
自我体験と身体 千秋佳世
血の祟りと「私」の定位 齋藤眞
表象としての身体 國吉知子
言葉と身体 言葉と身体の直接性 河野一紀
語る行為と身体 田中秀紀
身体という狭間 猪股剛
身体といのち 魂の次元にとどくために 高月玲子
身体に潜在する自然 濱野清志
身体感覚を通して顕わになる転移 高石浩一
過渡的身体像 山本昌輝
鏡に映る私 梅村高太郎
関係性の投影スクリーンとしての身体 西隆太朗
風景構成法における身体性 古川裕之
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想