貧者を喰らう国 : 中国格差社会からの警告

阿古智子 著

経済発展の陰で、蔓延する焦燥・怨嗟・絶望。人間性を破壊する歪んだ国はいかに作られたか。注目の中国研究者による衝撃レポート。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 エイズ村の慟哭(不満を爆発させる輸血感染者
  • 政府も関与していた血液ビジネス ほか)
  • 第2章 荒廃する農村(戸籍制度が規定する「農民」
  • 不公平な農業税制度 ほか)
  • 第3章 漂泊する農民工(若者のいない村
  • 第二世代の農民工 ほか)
  • 第4章 社会主義市場経済の罠(毛沢東時代の土地改革
  • 「先富論」と農村の土地制度 ほか)
  • 第5章 歪んだ学歴競争(格差を助長する大学入試制度
  • 「自力更生」と競争原理 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 貧者を喰らう国 : 中国格差社会からの警告
著作者等 阿古 智子
書名ヨミ ヒンジャ オ クラウ クニ : チュウゴク カクサ シャカイ カラノ ケイコク
出版元 新潮社
刊行年月 2009.9
ページ数 202p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-318331-0
NCID BA91423485
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21659143
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想