国境を忘れた国 : ギリシャ国境から見える日本

小川光一 著

国境には、異なる国家・民族の長い歴史・文化・宗教が顔を合わせてせめぎあう。ギリシャ史にある民族の光と影。自らが自らを守り誇る気概を失ったものは滅びる。折れ難いもの同士がぶつかる国境、そこに静かなる緊張感があってこそ、現実の平和と人々の生活は保たれている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ-エーゲ海の静けさの中に眠る民族の歴史
  • ギリシャ興亡史-ギリシャがたどってきた深い光と影
  • 記憶からの越境-文化とはのっぴきならない唯一無二の味わい
  • 民族のバザール-歴史の重層と民族の混沌
  • オスマントルコ残影-古のオスマントルコスピリット
  • 双子の城壁-民族の灯を守ってきたギリシャ正教
  • 国境の町の憂鬱-独立・平和は、待つ事では得られない
  • エブロス川-国境を挟んで向かい合う民族・歴史・文化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国境を忘れた国 : ギリシャ国境から見える日本
著作者等 小川 光一
書名ヨミ コッキョウ オ ワスレタ クニ : ギリシャ コッキョウ カラ ミエル ニホン
出版元 キャラバン
刊行年月 2007.11
ページ数 174p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-9903749-0-7
NCID BA91415443
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21320919
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想