興亡の世界史  第03巻

青柳正規, 陣内秀信, 杉山正明, 福井憲彦 編

経済力と技術力を武器に、東地中海沿岸部に次々と国際商業都市を建設した、海洋の民フェニキア人。オリエントの諸大国に脅かされながらも千数百年をしたたかに生き抜き、その一部は海の彼方にカルタゴを建国、地中海の覇者として君臨する。やがて彼らの前に、強大化した最後の敵・ローマが立ちはだかる。日本人研究者の手による初めての本格的フェニキア・カルタゴ通史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ-地中海史の中のカルタゴ
  • 第1章 フェニキアの胎動
  • 第2章 本土フェニキアの歴史
  • 第3章 フェニキア人の西方展開-伝承と事実
  • 第4章 カルタゴ海上「帝国」
  • 第5章 上陸した「帝国」
  • 第6章 カルタゴの宗教と社会
  • 第7章 対ローマ戦への道
  • 第8章 ハンニバル戦争
  • 第9章 フェニキアの海の終わり

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 興亡の世界史
著作者等 佐藤 育子
杉山 正明
栗田 伸子
陣内 秀信
青柳 正規
書名ヨミ コウボウ ノ セカイシ
書名別名 通商国家カルタゴ

What is human history?
巻冊次 第03巻
出版元 講談社
刊行年月 2009.9
ページ数 414p
大きさ 20cm
付随資料 8p.
ISBN 978-4-06-280703-6
NCID BA91408980
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21661359
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想